☆since 2006/2/20☆    ネットワーク初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。ネットワーク入門者必見!!    ☆Last up date 2012/3/23☆

ネットワーク初心者の基礎知識

美女Linux



≪Linuxを学びたい方≫

ネットワークの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識

CCNP・CCNA・CCENT
予想問題ドットコム

的中率抜群☆合格間違いなし☆
Cisco資格☆CCNA,CCENTの予想問題をWEBで解きまくろう!!
本番試験と類似問題が 多数で
合格へ一直線です。

↓↓↓↓↓
CCNP・CCNA・CCENT予想問題ドットコム







≪Web予想問題集≫

CCNA,CCENTの予想問題を
Web上で解きましょう!!

↓↓↓↓↓
Web予想問題集(CCNA,CCENT)

管理人サイトはこちら

Linux初心者の基礎知識
Linux大学
LPIC対策講座
パソコン初心者の基礎知識


管理人ブログ[@Linux]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
@Linux








8.イーサネットの規格について



家庭や企業でコンピュータネットワークを組む場合に、一番多く
使われているのが、イーサネットです。イーサネットは、コンピュータ
の種類にかかわらず、様々なコンピュータ同士をネットワークで接続
するために考案されたプロトコルです。このため、イーサネットを
使えば、コンピュータやOSの種類が違っても、ネットワークで接続 することができます。

イーサネットには、通信速度や使用するケーブルの種類などによって、
さらにいくつかの規格が定められています。このため「イーサネットを使う」
と決めた場合は、イーサネットの中のどの規格を使うかを選ぶ必要があります。

現在、最も使用されているのは、100BASE-TXと呼ばれる規格です。
一昔前は、10BASE-Tが主流でした。

10BASE-Tの「10」は、通信スピードをbpsという単位で表しています。
bpsは、bits per secondの略で、1秒間に送ることができるデータをビット
の数で表したものです。1bpsとした場合は、1秒間に1ビット分のデータが
送れることを示します。

10BASE-Tの場合は、1秒間に10Mビット、つかり1000万個のビットを送る能力
があることを示しています。同様に100BASE-TXの場合は、1億個のビットを
送ることができます。

「-T」はツイストペアケーブルの頭文字「T」のことです。10BASE-Tも
100BASE-TXも「-T」が付いているので、ツイストペアケーブルを使用する
ことを示しています。

光ファイバーを使用する規格であれば、ファイバーの頭文字の「F」が使われます。
「100BASE-FX」は、光ファイバーを使って100Mbpsで通信するための規格である
ことを示しています。

「BASE」は、ベースバンドという伝送方式を使うことを示しています。
ベースバンドは、符号化した信号に手を加えずに、そのまま送り出す伝送
方式のことです。

今後は、家庭でも企業でも1000BASE-Tという規格が主流になってきます。



<< 7.コネクタの形状、ケーブルの構造を合わせる | 9.コンピュータのデータ単位 >>
>> ネットワーク基礎 <<