☆since 2006/2/20☆    ネットワーク初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。ネットワーク入門者必見!!    ☆Last up date 2012/3/23☆

ネットワーク初心者の基礎知識

美女Linux



≪Linuxを学びたい方≫

ネットワークの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識

CCNP・CCNA・CCENT
予想問題ドットコム

的中率抜群☆合格間違いなし☆
Cisco資格☆CCNA,CCENTの予想問題をWEBで解きまくろう!!
本番試験と類似問題が 多数で
合格へ一直線です。

↓↓↓↓↓
CCNP・CCNA・CCENT予想問題ドットコム







≪Web予想問題集≫

CCNA,CCENTの予想問題を
Web上で解きましょう!!

↓↓↓↓↓
Web予想問題集(CCNA,CCENT)

管理人サイトはこちら

Linux初心者の基礎知識
Linux大学
LPIC対策講座
パソコン初心者の基礎知識


管理人ブログ[@Linux]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
@Linux








1.コンピュータは2進数で動作している その1



コンピュータ内部にあるデータは、すべて1と0の2進数
で表されています。これをデジタル化と呼びます。

コンピュータでは、1と0だけを使って、文字や画像などの
すべての情報を表します。文字の場合は、文字を表すための
規則、文字の場合は、文字を表すための規則、画像のを表す
ための規則にしたがって1と0を並べていきます。

そして、これらのデータをワープロソフトや画像処理ソフトで
取り出すと、文字や画像として画面上に表示されるように
なっています。

文字の場合は、テキストエディタやワープロソフトが、
1と0の並びと文字の橋渡しを行います。

例えば、アルファベットの「A」という文字を打ち込んだと
します。このときモニタには「A」が表示されますが、
これがファイルに保存すると、「1000001」という2進数の
データが記録されています。「A」という文字そのものが
記録されるわけではありませんので注意してください。

「1000001」は、10進数に直すと「65」となります。
これは、コンピュータで、「A」という文字を表すときの
値です。コンピュータでは、直接、「A」という文字を
扱えないので、このような2進数の値として記録して
いるのです。

そこで、ファイルを開いたときには、ワープロソフトが
「10000001」を「A」としてモニタに表示します。



2.コンピュータは2進数で動作している その2 >>
>> ネットワーク基礎 <<